スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「もっともっと関西2」 今日はコレぐらいにしといたろ。

2008年2月14日木曜日、新世代メンバーはNHK大阪放送局に集結した。
スタジオ


メインで出演するため早くにスタジオ入りして打ち合わせ中の大西代表
スタジオ大西

同じく早い入りの「てんぐ」店主松谷さん。串カツを揚げなければいけないのだ。
スタジオ松谷


楽屋内で揚げてる松谷さん。香ばしい匂いが充満してます。
agetemasu


その間他のメンバーは遊んでいた
(女性は番組司会の船本由佳さん:向かって右端は「恋してジャンジャン」を作詞作曲した福井康彦さん)
kinen

わけではなく、作戦の打ち合わせに余念がありませんでした。
utiawase

それどころか、実は新世代メンバーの一人が事前に
三津屋商店街さんを偵察に行ったりまでしてたのです。
偵察1
(画像はその時の様子)
偵察2


その甲斐もなく対戦では負けてしまいましたが、いつかパクれるように「ヤカーリング」を画像にくまなく収めておきました。(「328」は3月28日三津屋の日)
やかん

まぁ何はともあれ三津屋商店街さんとの対戦であったわけですが、対戦の際のテーマにあった「子供達が喜ぶような」という基準がジャンジャン横丁には不利に働いたな、と思います。

当日のスタジオの審査員も実際年齢層が低く、商店街の紹介映像でも三津屋商店街のほうが子供達をメインに押していたのが響きました。

三津屋さんのゲーム形のイベント、ブルースフォーク系のイメージソングに対して、ジャン横の恋人対象の記念イベント、演歌系のイメージソング、というのはやはり不利でした。
「笑い」の方は圧倒的に取ってたと思うんですが、カバーしきれなかったというところでしょうか。

しかしながら、子供達が集まるような場所はどの商店街であっても大事な要素ですし、ジャンジャン横丁は飲み屋がメインのおっちゃんの町であったせいで、そういう点では子供向けというテーマはおろそかになっていたかもしれません。
周辺の施設に子供向けが多い分、そちらに任せてた面もあるでしょうか。

そういったことを踏まえながら、これからは今までの商店街のオリジナリティーを磨きながら更にどうしていけば良いのかを考えて行きたいと思います。
                                     ジャン横のADより
スポンサーサイト

コメント

こちらこそー。

ほんとに楽しかったですねー。
これからもお互いに頑張っていきましょう!

個人的には「ヤカーリング 新・世界選手権」とザ・直球サプライズLIVEをこっちで開いてほしいです。(笑

他の出演者の皆さん、三津屋商店街の方々にもよろしくお伝えください。

2008/02/16 (Sat) 14:15 | ジャン横のADこと北口出たトコの喫茶店 #GT.vBoj2 | URL | 編集
楽しい時間をありがとうございました!

先日はお疲れさまでした!&楽しい時間をありがとう
ございました!

七海りかさんの「恋してジャンジャン」耳に残る
メロディーで良いですね~!覚えましたもん。
串かつ食べたくなってきた!(笑)
今後とも宜しくお願いします。

2008/02/16 (Sat) 10:00 | ザ・直球サプライズ #mcs/3HiI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。