スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーウィークは新世界へ!パートⅡ

新世界は見所がいっぱい

まずは、新世界にある大衆演劇の一つ「朝日劇場」です! 終了時には役者さん達が、
舞台衣装のままで劇場玄関までお客さんを見送りに出てきます。
これの姿が町並みとマッチしていてまるで東映京都撮影所(太秦)にいるみたいで
楽しいですよ!

P4280001.jpg

もう一つの大衆演劇場!「浪速クラブ」です!ここはもっと庶民的な劇場、
入場料もなんと1000円
舞台終了時は「朝日劇場」と同じく、役者さんが舞台衣装のままで劇場玄関までお客さんを見送りします。
昭和の匂いが最も感じられる劇場ですね!

P4280002.jpg

次はスタジオ210です!ある時は、お笑いの寄席「TENGEKI」時には「通天閣歌謡劇場」
またある時は色々なイベントを催す、楽しさ満載のスタジオですよ!

P4280007.jpg

次は新世界稲荷神社です!新世界内の唯一の神社であり、
よく新世界で活動するアーティストが、参拝している姿を見かけますね!

P4280005.jpg

境内にある石のおみくじです。これも珍しいですよ。

P4280006.jpg

さて次は「面白看板編」でも紹介した写真スポットです!通天閣の北側下にある
「串かつのだるま」さんの前に設置されています!近ずくと人形が怒鳴りだしますよ!
心して近づく事をお勧めします。(笑)

P4280004.jpg

ジャンジャン横丁「串かつのてんぐ」の看板!真っ赤なてんぐ!
これを紹介する時の私のきめセリフ!
「てんぐの鼻は高いけど、社長の鼻は低いですよ!」(笑)
「てんぐ」は新世界を代表する串かつ屋さんで日曜日などは長い行列ができます。

P4280008.jpg

最後は新世界、面白看板の元祖かもしれない、ジャンジャン横丁「大興寿司」のおやっさん人形
右腕が動き、お寿司を握り、眉毛や眼鏡までもコミカルに動きますよ。

通行人が気付くと、ほとんどの人が携帯電話を取り出し写メを撮ります。(笑)子供達に大人気!
寿司屋さんで中ではトップクラスの老舗ジャンジャン横丁で60年近く営業なさっています。

P4280009.jpg

シルバーウィークは「安、近、楽」安全、近く、楽しいの新世界へ!

          楽しくなければ新世界じゃない !

               おもろい大阪はここから始まる!

                       ジャン横のヨン様でした(^^)/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。