スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートストーリー・志士編

いつものように行きつけの喫茶店でムダ話をするジャンジャン来太郎とジャン吉。

ジャン吉:いよいよNHKの大河ドラマも佳境に入ってきたな~。

来太郎:なんや、やぶからぼうに。

ジャン吉:「なんや」て新世界援隊の名前は龍馬ブームやから思いついてんやろ?

来太郎:あほ!そんなあさはかな名前の付け方するか!大体俺は高杉晋作ファンやがな。

ジャン吉:え?なんやそれ?ほんだら奇兵隊にせんとあかんやん。

来太郎:あほ!新世奇兵隊やったら語呂悪いがな!

ジャン吉:まあな・・。ほんなら、「新世界援隊」は語呂がええだけでつけたんかいな。

来太郎:それもあるな。そやけど隊の内容も幕末の志士みたいに、新世界を応援しようと志(こころざし)をもった人間が集まって活動してるんやから、まさに海援隊と一致したんや。

ジャン吉:志とはまたたいそうに出たな。


来太郎:たいそうとちゃうわ。そりゃ打算でも何でも動機は色々あるやろうけど、最後まで何か成し遂げようとしたら中心に志が無いと、まともなものは出来上がらんよ。


ジャン吉:また偉そうに言いやがって。んで、お前N●Kの受信料払ってるんやろな?

来太郎:いや、俺ロボットやから・・。

                             (ジャン横のAD)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。