スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界で勉強

先日、新世界で新潟の中学校の修学旅行受け入れ企画があり、新世界界隈で新世界クイズや修学旅行生による物産即売会を実施しました。
地元新世界の人たちが案内や世話をしてたのですが、新世界各所で行っていた物産即売会ではジャンジャン横丁エリアでハプニングがあり、地元新世界ならではの風景が見れました。

というのも、やはり大阪新世界、生徒たちによる即売店にかなりくたびれた感じの酔っ払いというか、寂しがりの構って欲しいおっちゃんが買い物しようか、と近寄って来たのです。
これも勉強か、と思ってると、幸か不幸かちょうど売り切れてしまい、おっちゃんには売る物がなくなり退去願ったのです。
されどもせっかく絡めると期待してたおっちゃんは諦め切れず、遂にはキレ始めたのでしたー!

しかしそこでしっかりと地元商店会のボランティアが生徒たちをガードし、生まれてからずっと地元で慣らした受け答えで、ゴネて叫び出したおっちゃんをいなし、すかし、なだめ、説諭してたのでした。

正直、以前はこういう裸と裸でやりあうようなやり取りを他人に、特に生徒たちのような子たちには見せたくありませんでしたが、しかし最近では、こうした人間達、色んな性格、境遇、考え、を持った人たちが世の中に居て、否が応でも関わりを持つのが社会なんだと気づいてくれたり、考えてくれたらと思うようになりました。
もちろんどんなことがあっても修学旅行生達は守るのですが、それでも安全第一、理性的で高尚なだけが理想的な教育現場では無いと思います。
こうしてありのままの姿を晒してくる現場を体験し、色んな角度から考え、感じ取ってくれれば、この大阪新世界を修学旅行先に選んだくれた価値が出てくるのではないかと思います。
(ジャン横のAD)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。