スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N響アワー終了にあたり 

NHKのN響アワーが終了するそうです。
実は二年ほど前にN響アワーのロケが交響楽の「新世界」の新世界繋がりでありました。

そこでは司会者の西村さんと女性アナウンサーが実際に新世界を歩き、ドボルザークの新世界との接点など(あったんですね:笑)を解説したり、さらには二人で地元の立ち飲み居酒屋さんの「やまと屋」さんで串カツを食べてました。
するとなにやら突然、司会者の西村さんが食べながらハラハラと泣いてはるではないですか!

大阪出身の西村さんは、昔、ご自身が子供の頃オヤジさんに連れられて、このように並んで食べた頃が
思い出されて泣けてきはったそうです。
突然の涙に女性アナウンサーも面食らってたし、なにより当の本人までも驚いてたみたいです。

そんな番組のノリでもないN響アワーで、誰もそんな展開は予想もしてなかったはずですが、しかし私は余計に演出ではない涙に感動したことを覚えてます。やまと屋さんもそんなに過剰に懐かしさ、レトロを売りにしている店ではありません。

それであればこそ、そんな長々と営業を続けてきはったその店先で、食べてたお客さんが懐かしさで胸がいっぱいになる。これが本当のレトロだと思うし、そうでないとアカン。
長年続けてきた店冥利に尽きる場面に、ものすごく嬉しさも感じたN響アワーだったです。
終わるのは残念です。(音楽とは違うとこに感激して申し訳ないです。汗)


   (ジャン横のAD)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。